AGAINST THE WIND
九州のバスフィッシング・トーナメントジャンキー「山﨑 大」(ヤマサキ ヒロシ)のブログです。
201805<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201807
またまた大分へ!!
皆さん、どうもこんにちは!!
山﨑大です。

本日は朝3時起きで下道をゆっつら~と走りまして、
先週も訪れた大分県芹川ダムに出撃でした!!

そして今回は、年末恒例なんですが、馴染みの方々と一勝負です。

っというわけで、気合を入れてスタ~ト!
ですが、色々と試すも先週同様、何も起こらず沈黙の時間が続きます

で、起こった事といえば、情けない変なことばかりで・・・・・

13メートルに引っ掛かったメタルバイブをルアーリトリーバーで奇跡的に回収成功!
しか~し、結び換えようと思ってラインを切った後、手が滑りそのメタルバイブをリリースなんでよ・・・

更に、さぁ使おうと思って愛用のジグヘッドロッドを手にした瞬間、これまた手が滑ってロッド入水からのフォール

さすがにコレがないと今後の釣りに支障をきたす訳で帰るに帰れないので、
即マーカーを投入し、ロッド拾いに最適なブツを付け丹念にズル引き。
で、結構な時間を使い奇跡的に救出成功!コレは嬉しいぞ!!っと思うも、
こんなことしているようじゃ釣れるわけがないわな・・・と本日の運命を悟る私。

で、その予感に沿った形で、何もなく時間が進んでいたのですが、最終盤にカバーに投じたベイトに見えるところで、
ビッグバスがもんどり打ってバイト!そして、渾身のフルフッキング・・・・・・するもスッポ抜けてしまい、
残念な運命から逃れられることができず、撃沈

結局、今回またしても水揚げはなく、コテンパンにヤラレて尻尾巻いて帰ってめえりやした・・・。

相変わらずのポンコツ釣り師街道まっしぐらのワタクシですが、
明日がいよいよ今年最後の日、そして今年最後の釣り納め!

遠賀川に出撃予定ですが、果たして釣り納まるのか2017年??
できる限りの力で抗ってきます!!
大分遠征でしたが・・・・・・
皆さん、どうもこんにちは!!
山﨑大です。

本日は、早起きしまして大分の芹川ダムに出撃でした~!

朝から張り切って1日釣り回ってみたところ・・・・・・・

の、ノーバイトやないか(-_-;)

厳しいってのはあるかもしれないけれども、しっかり釣られている方もいるわけでして、
またしても私の腕の未熟さが炙り出される結果になっちまいました・・・。

こりゃあ年末年始の釣り込みに大分遠征を組み込んで、また修行させてもらうしかありませんな。

ってなわけで、凍結や積雪がなく都合が付けば、そのうちまたリベンジです!

さて明日は、遠賀です。


ちなみに本日、二十歳前後の頃にお世話になっていた、
琵琶湖の敏腕ガイドOさんに久々にお会いしました(^_^)

見た目も中身も相変わらずなOさん、お元気そうで良かったです!

かなりの期間お会いしておりませんでしたので、忘れらているだろうな・・・と思っていましたが、
「覚えとるよ~。お前みたいなアホはなかなかおらんからな。」との事(笑)

残念ながら昔と変わらず、山﨑、今もアホまっしぐらです。
ちょっと遠征して川へ。

皆さん、どうもこんにちは!!
山﨑大です。

本日は、ちょっと遠征して久々に某河川に出撃~
久々の川は、水温10℃台、水質も良い感じで、馴染みの遠賀と同じような感じ。

っというわけで、早速釣行スタート!

まずは冬の付き場となりそうなディープ絡みにサラッと手を付けるも異常無し。

さてどうするか?っといったところですが、特にネタもなく他にやることも無かったので、
そこからは、この川に来たらお決まりのカバーの釣りを展開。

昨日準備した「ラトリンクロ―ラー」を次々と投じていきます。
がしかし、反応はなく時は流れて、ちょっと変えてみるかと他のワームを投じたところ・・・・・


ワームが良いのか?タイミングが良かったのか?
ポツポツとバイトを重ねて、タコるのも覚悟した12月にしては良い感じに水揚げ~!!



ちなみに、使用ワームはネットベイト「ベイビーパカクロウ」
カラーは、私の秘蔵っ子!?「カスミ・ダイナマイト!」

この時期バイトを引き出せるんだから、相変わらず良いワーム、そして良いカラーのようだ(^▽^)



そんなわけで、結局計4本を全てカバーより水揚げ。

今年の冬はどうやら遠賀のカバーの展開はなさそうなので、今年最後になるかというカバーの釣りをしっかり堪能しまして
笑顔で帰路に就いたヤマサキなのでありました。

さて明日は、遠賀川に出撃です。
今日は、大分へ出撃!!
皆さん、どうもこんにちは!!
山﨑大です。

本日は、大分県 芹川ダムに出撃でした
大分県ぐらいだと余裕の下道、今のところ距離の感覚がバカになっているので、
200キロ圏内だと近く感じる今日この頃です

っとそんなことはさておき、芹川ダムに着いて、まずはこの時期毎年恒例の清掃活動に参加!!
この集いお決まり、年イチのラジオ体操を行い、船を出して湖上に繰り出し、普段は魚を救うネットでゴミ拾い。
小一時間程度、皆出来る限りの芹川ダムへの恩返しを行いました~。

でその後は、もちろん釣り。

魚探をと湖岸線を見ながら、足早に色々と見て回ります。
がしかし、ナカナカ反応が無くてどうしたものか?ってな具合。

そんな事を思いながらも諦めずやっていると・・・・・・

カバーに投じたデカイワームに飛び出してきた小さいバス・・・・なんでよ(-_-;)

このサイズではねぇ・・・っと思いはしたものの
このバスからの情報を頼りにシャローを流していくと、ナイスサイズがスピナベにバイト!!
しかし、痛恨のバラシ。ですが、コレはアリだなっつうことで、その後も撃てるスペースを探してスピナベで押し進めていくと・・・


グッドサイズを水揚げ~!!

今の自分にはこれしかないっつうことで、その後もスピナベをシャローに投げまくって
同サイズを一本追加したものの、バラシたり、あと一歩で食わずに下に沈んでいったりと
結果的にはダメダメで反省点の多い芹川釣行でした。

機会があれば、次はビシッと決めに行きたいですね。

ってなわけで、今週も気の向くまま思うまま釣り回る山﨑。
明日は遠賀です。
ジャパンスーパーバスクラシック 2017

皆さん、どうもこんにちは!!
山﨑大です。

さて今回は、河口湖遠征のことを少々。

まず水曜の夜発で、深夜に1度寝て昼メインでボチボチ走って、木曜の夕方に山梨に到着。

で、金曜の朝から練習。

ちなみに使わさせてもらったスロープは、KAZUマリンさん。
準備できる大きな広場もあるし、桟橋もあり、スロープ環境がよく、大将も味のある良い人でした

そして、いざ練習へ!っつうことですが、何せほぼ初釣行で河口湖ルールがワケが分からない私。
そんな私を助けてくれたのが・・・・・
RIMG3043.jpg
昨年まで福岡にいて今年から河口湖で頑張ってる岡本君。

色々と自分のやりたい事があったことでしょうが、私の為に時間を割いてもらって、
河口湖、特有の釣り禁止エリア等々、ルール的なところを教えて頂きました。ありがとうございます!!

で、練習の方ですがね・・・・・全くもってお話にならない感じ
そして初見の放流場所の感じに圧倒されただけで終了。


そんな練習だけでしたが、できることをやろう!!っというわけで開き直って、
ジャパンスーパーバスクラシック初日を迎えたわけですが・・・・・・

やっぱりお話にならない感じで、放流場所から離れたところでフリッピンで釣れた、チビ放流バス2本の水揚げで終了。
この結果を受けて、どうにかもっと釣れるようにと軌道修正を図りたいところですが、目に見えるモノを釣る以外策はないわけで・・・

2日目もシャローをバカの一つ覚えでのフリッピン。
そして、これまたお話にならないチビ1本で終了。

2日間のトータルウエイトで決定する総合的な結果も散々なもの。
正直、今の自分の腕ではどうにもならない勝負にならない感じでした。

なにせ不器用で、ドップリ練習した後に滲み出るように結果を出すタイプのポンコツ釣り師ですので、こういう結果にもなる。
何処かのタイミングで河口湖キャンプして、次は挑まないといかんなと思った次第。

しかし、この3日間だけでも普段じゃ決して味わえないバス釣りを体感でき、凄く勉強になったわけでして
釣れなかったなりにも学びがあって、やはり行って良かったなと思いましたね。


ってなわけで、なんだかんだあった今回の河口湖での釣りですが、

ほぼ初の河口湖釣行で分からないことだらけな中、今回の遠征前からお世話になりっぱしだったのが・・・・・

佐々君!! 
色々な環境の変化はあっても、中身は相変わらずの人の良さ、ホントな~んも変わらない佐々君です

福岡にいた頃、特に面倒を見ていたわけでもないのに、「九州から来る大変さが分かりますから!」と
いろいろ教えてくれるだけならまだしも、家にまで泊めてもらっちゃってスッゴ~~~くお世話になりました

本当にありがとうございました!!

また佐々君に付いてきた見ず知らずの私のような者にも優しく接してくださり、
晩飯や朝のおにぎり&お菓子を頂いたセンターフィールド様にも感謝感謝であります!!(もちろんJさんにも感謝!)

で最後はもちろん、同じ九州から出撃した黒田さん吉田さん、やっぱり知ってる人がいると心強かったス!!
また河口湖行きましょ~!!

ってなわけで、写真は少なかったが色々あった今回の釣り。
行く前から九州の方々にお世話になり、行ってから山梨の方々にお世話になりました。
相変わらずたくさんの人に支えられながら釣りできてるんだな!っと思った次第。

受けた御恩は墓場まで!っつうのを深く胸に刻んで、今後も我が釣り道を歩んでいきたいと思う山﨑でした。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.