AGAINST THE WIND
九州のバスフィッシング・トーナメントジャンキー「山﨑 大」(ヤマサキ ヒロシ)のブログです。
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
新作も使ってみた。

皆さん、どうもこんにちは!!
山﨑大です。

私、ルアーで気になったモノは新旧問わず、色々と使ってみることにしています。

今回は、ある事が気になったので、とあるミノーを購入し使ってみた。
で、気になった浮く動作は確かな感じ!ですが、自分が思っていたより浅場を泳いでくる感じ。

自分の思いあたる所で使うには、ちょっと厳しい感じですが、
使い手に媚びない、この尖がった設定で販売することには脱帽。
時と場合によっては、好釣果をもたらすんでしょうね~。




そして、また今回、自分が使い慣れているモノたちの
落としどころの凄さ、素晴らしさに改めて気付くのでした。

良いモノは、時代と国境を越えてくるのですよ・・・。
遊び心か!?

皆さん、どうもこんにちは!!
山﨑です。

1年を通してお世話になることの多いZOOMの「UVSC」
その中でも信頼のおけるカラーとして使うことの多い↑画像のカラー「GRN.PUMP.BLUE/BLUE」ですが、


先日使った、その袋の中に・・・・・




右フック炸裂!片手だけなんか様子のおかしいのが1尾

お菓子の中に稀に変わり種が入っていたりするサプライズ的なモノがありますが
その遊び心的な流れは、メリケンワーム業界にもあるんですよね・・・・・

っていうのはウソ、ただのミステイクでしょうね

ですが、カラーによって素材の質感が違うので、手がそれぞれ違うカラーで微妙な動きの違いが出て…
なんて想像したら、逆にこんなカラー作っていっても良いんじゃないかなぁなんて思ってしまいますな。



まぁとにかくなんだ、こんな事ってよく在りそうでたまにしかないので、このまま取っておこうかな。
FC60 からの流れで・・・・・

皆さん、どうもこんにちは!!
山﨑です。

またまた先日の遠賀川での話ですが・・・・・・

FC60からの流れを踏んで投入し、追加のお魚さんの水揚げに貢献してくれたのが
↑上写真のクランク「ts-mid」です。



サイズ感は、名作DTNと同等で小さなクランク。

しかし、小さいクランクだからと侮ることなかれ!
コレもアクション的には、ナカナカの暴れっぷりで小さくても存在感抜群。

タイトアクションのバーニング3とは違う、ワイドなウォブルアクション。
さすがにバーニング3までのピッチの速さはありませんが、このアクションでこのピッチの速さは、なかなか見ることは無いかと・・・。

ちなみに、暴れるといっても不規則に動くわけではなく、変な蛇行などはせずに規則的にしっかり泳ぐといった塩梅。
言ってみれば、ルールの中で空気を読みつつ暴れるプロレスラー的な感じですな。

でもって、コチラのts-midもゆっくり沈むドレッジ仕様。
こちらも例に漏れずシンキングでも何故か良く動きます。

そして正規仕様のフローティングモデルでは到達不可能な水深にも
送り込むなんていう小技も使えちゃうんで、意外と重宝しているブツなんですよね~

っとまぁそんなわけで、今回はいつもとは違うぞ!と感じた時に頼れる小さなクランク「ts-mid」紹介の巻でした。


余談ですが、家の小さいクランクの中で一番の暴れん坊は・・・・・


↑この子。ウォブル最強。アクション破綻してしまうので巻きスピード制限付きです。

たま~に現れる空気を読まず戦ってしまう、他団体レスラー的クランクといったところ。

ですが、使いどころさえバシッと合えば、他の追随を許さない活躍を見せるので、
この子も1軍BOXから漏れることは無いんですよね~。
いつもと違う・・・・・

皆さん、どうもこんにちは!!
山﨑大です。

ここのところの巻き物といえば、もっぱら上写真の「バーニング3」達を巻いておるわけですが
先日の遠賀川釣行では、ソコソコの時間巻いたにも拘らず反応はなく、このクランクが鳴りを潜める展開に・・・

ならばコッチでどうよ?と投じて、気持ちの良いバイトをもたらしてくれたのが・・・・・

RIMG1973.jpg
シャッド界の暴れん坊、通称OOな動きでお馴染み「ベビーシャッド FC60」でした。
                  
先日のような春一番後の状況で、いきなりの温かい雨が降った日の後などに
この手のシャッドのような動きで、良い思いをする事があるんですよね。

使い方としては、ハイシーズンでのお馴染みの使い方となる速巻きではなく
普通のスピードでの巻き「ヤヤ巻き」で使用。

河川のみならず、リザーバーでも時として、その力を発揮し良い思いをした経験アリです。
トゥルーチューンが決まり難く癖がありますが、コツさえ掴めば水を掴んでしっかり真っ直ぐと動くようになります。


ちなみにこの人、水が入ってしまってナカナカのスピードで沈む、シンキングモデル

多くのルアーであれば、こうなってしまうと仕舞いですが、この人は巻き始めこそ少し泳がない時があるものの
ちゃんと泳いで、しかも釣れるのを実証済み!引っ掛かったら帰ってこないというところが辛いところなんですがね

っつうことで、シャッドの暴れん坊が今年も良い方向で大暴れしてくれることを期待しつつ、
今後も様子を見ながら投入していきたいと思います。
研究中!
RIMG1355.jpg
皆さん、どうもこんにちは!!
山﨑大です。

現在なにかと重宝しているパワフルなスピニングタックルを使ったスモラバの釣り。

もっぱら・・・・・・・


コレ!っと決め込んでいたジグヘッドに↑自分でシリコンラバーを巻いたスモラバを使っていましたが・・・



現在、市販されているモノや、今までとは違ったジグヘッドにラバーを巻いたモノ等を使い比べてみております。

なんでもそうですが、新たなモノを試さずに「コレしかない!」っと決め込んでしまうと
発展も進歩もなし!っつうことで、まだ買った事のないモノも一通り買い揃えて使ってみるつもりです。

ヘッド形状、ガード、ラバー、フック等々、それぞれ個性がありますが、自分好みのモノは果たしてあるのかしら?
ソコソコの授業料は払うことになっていますが、まぁ今後のスモラバ作りには役立つかと・・・

とりあえず、この研究の成果を今後の釣りに活かすことができればいいなぁ・・・
っと、かる~く思っている今日この頃です 
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.