AGAINST THE WIND
九州のバスフィッシング・トーナメントジャンキー「山﨑 大」(ヤマサキ ヒロシ)のブログです。
201806<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201808
アヒルちゃん、番外編。

皆さん、どうもこんにちは!!
山﨑です。

先日ご紹介したように、新たなる足のおかげで、パワーアップして帰ってきたアヒルちゃんですが・・・



足がなかった場合は、↑こんな感じにして遊んでやろうと思っとりました~( ´∀` )

壊れたことを嘆くことなかれ!

このアヒルちゃん、足が無くてもこの足の部分にペラやらブレードやらを付ければ、
その可能性・・・無限大!!


ただでさえ、オモロイヤ~ツなのに、自分の好きなように味付けもできるんですよね😉

自分は可愛い見た目の初期設定で、まずは釣りたいので、そのまま使おうと思っとりますが・・・・・

投げ倒した後に頃合いを見計らって、遊んじゃうかもね( ̄ー ̄)


っとまぁそんなわけで、自分好みにイジれるルアーって良いよね!なお話でした~。
ミクロな世界。

皆さん、どうもこんにちは!!
山﨑大です。

いきなりですが、上写真はワタクシが使用しているクランクベイトに付いていたトレブルフック。
使う前に、フックポイントチェックをしていたところ、爪に針先が引っ掛からなかった1か所。


近くで見ると、何かに当てた衝撃でしょうか、先端が曲がっている。
鋭さの失われたこの状態ではでは、まぁ爪には引っ掛かりません。

ですが、先端近くの面精度は失われていない。
矢印で差した箇所に2本のラインが入っているかと思いますが、コレは面精度が高い証拠。
凹凸が少なくツルンとした状態です。

しかし先端がここまで曲がっていると、刺さるモノも刺さらない気がしますので、
鋭さを復元すべく、ダイヤモンドヤスリにて形を整えると・・・・・↓↓↓


針先の鋭さは戻り、爪にもグッと引っ掛かるようになった!

人間の感覚的には、コレで元通りだ!っと思うところですが、
先端周辺をヤスリ掛けして形を整えていくので、先端周辺の面精度はかなり落ちているのが分かる。

ヤスリに付いたダイヤモンドの粒子と同等の凹凸が入り、ザラザラとまではいかないが、元のツルンとした状態ではない。
自ずと滑り性は低下してしまうわけで、刺してから後は・・・・・っといっても極々小さな障害にしかならないんでしょうがね。

まぁ結局何が言いたいかというと、「ここ一番では黙って新品のフックを使うという事に越したことは無い!」っということ(笑)

っつうことで、今回は釣り具をミクロな視点で観て見るの巻でした。

釣り込みに向けて・・・

皆さん、どうもこんにちは!!
山﨑大です。

私の参戦するトーナメントも序盤戦が終わり一段落。
もちろん、まだまだ始まったばかりなんで、気が抜けたわけでは決してないッスよ~!!

で、今週からはゴールデンウィークの釣り込みに向けての準備を着々と進めます。

このタイミングだからできる新戦力として期待をし新たに試すモノ。

そして、この時期毎年必要なモノから、遊び心が詰まったモノ(笑)
などなど、毎年そうですが盛り沢山になろうかと・・・(^_^;)

とりあえずは、パッと目に入った、BOXの中で今か今かと待ち構えている彼らの在庫チェックでもするとしよう! 
アンタ達、今年も頑張ってもらうよ~♪

今年は新たな使い方やNEWカラーやら新たなブツなんか、色々試してみましょうかね~(⌒∇⌒)
役立つカレンダー!

皆さん、どうもこんにちは!!
山﨑大です。

昨日、日が暮れた後に、お世話になってるGBに出撃!!
ネタを仕入れに行ったつもりが、釣れない時のアノ企画発動(^_^;)

で、ソノ駄賃的に、イケてるGBキャップと、
年が明けてしばらくの時が経つこのタイミングですが、↑カレンダーいただきました~!!

なんだかんだで毎年頂いている某社のカレンダー、その日の潮名が記されており、
バスの産卵が絡むこの時期は、重宝しております!


その情報によると、今週末は小潮、でもって私が参戦するトーナメントが開催される来週末は大潮!!
どっちに振れるかは分からんが、こりゃ荒れるぞ!!な~んてことが一目で確認できるカレンダー、いいね


ですが、スポーニングシーズンが過ぎ去った5月を境に、このカレンダーが年末まで捲られることなく
5月のまま微動だにしない状況が数年続いているのは、ココだけの話です(笑)




ちなみに、本日も日暮れ前オカッパリ。

どうなったか?は、お察しの通りです(-_-;) トンネル長く、闇は深い・・・
北山湖にて
皆さん、どうもこんにちは!!
ヤマサキ ヒロシです。

何の為にも誰の為にもならない事が、お馴染みの当ブログ。
今回も例に漏れず、なんのこっちゃい!っという話を少々。

毎週出撃中の遠賀川の土砂を取り除くのは、ここ数年お馴染みの浚渫船であるわけですが、

それが所変わって北山湖となると・・・・・・・



本湖ダムサイトのド真ん中に、大型クレーン車をドカンと配置。

でもって、クレーンの先端から伸びるワイヤーの先に吊るされた、パックマンの様なグラブバケットで、

ダムサイト近くの水底の土砂を、直に掴み取る!!っていうUFOキャッチャー方式。


で、その直に掴み取った土砂を、水を切ることほぼせぬままに・・・・・




お呼び~!!ってな具合にやってきたダンプカーに、北山湖の水と共に遠慮なく土砂をジャ~っといく!

ザ、ワイルド!!な土砂取り!

もちろんダンプは、北山湖の泥水コーティング済みで、しばらく走ればカッピカピ仕様のダンプになること間違いないよね(^_^;)
ダンプドライバーさんの心痛お察しします・・・。

っと、このような感じで、北山湖の平和は日々守られているのであります・・・。

ってなわけで、本日は北山湖のワイルドな土砂取り作業のお話でした。

ん~~~なんのこっちゃい!!
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.