AGAINST THE WIND
九州のバスフィッシング・トーナメントジャンキー「山﨑 大」(ヤマサキ ヒロシ)のブログです。
201805<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201807
ライブも良いけど、コチラも良し!!1993 BASSMASTERS CLASSIC

数年前より始まったB.A.S.S.トーナメントの「LIVE中継」

も良いですが・・・昔のB.A.S.S.もまた良い!!

何を使っていたとかテクニックがどうのこうのではなくてですね、なんか面白いんすよ(笑)
もうこれは完全に自分の趣味の領域でですね、面白いかどうかは、その人次第。

ちなみに最近見た中で、ビシっ!っときたのは、1993年Bassmasters Classicですね。

開催地は、アラバマ州 レイク・ローガン・マーティン。優勝したのは、皆さんご存知 デビット・フリッツ。
この時の優勝パターンも漏れなくこの御方の十八番であるオフショアのディープクランキング。

そしてこの動画で1番の見所も、もちろんこの御方デビット・フリッツ!!
バイトの前からランディングまでの一連の所作がイケてる👍

まずクランクを巻くとき基本姿勢は、立派なイスにドカ座り。←既にちょっと普通じゃないザ・フリッツ(笑)



で、バイトがあると立ち上がって普通にグリグリ巻き寄せてきて~~~



そこからザ・フリッツタイム!バスボート上をグルグルと回る回る!そして回る!!

もちろんオブザーバーの方も邪魔にならぬようにと一緒に回るわけで、かなり大変そう(^_^;)
3周ぐらい回っている時もあるし、ファイトが長過ぎるためか?カットされている時もあるほど(笑)
超こってりなフリッツのファイト見応え十分です!!

他にもBASS創始者レイ・スコット自らスタートコールやウェイインショーの司会をしていたり、
往年の名選手や今も尚参戦を続ける選手の若かりし頃の姿も見ることができますよ。
また、当時のテーマ曲も今のに負けず劣らず良い!

そして、最後の選手紹介も見逃さずに!コレもまた見所の一つです( ̄ー ̄)


そんなわけで・・・さぁ皆さん!今週からお魚さんを掛けた後は、陸やボートの上をグルグル歩き回りましょ~(笑)

今年も勝手に楽しまさせてもらいます!

さてさて 2018 B.A.S.S. エリートシリーズがいよいよ開幕しますね!

自身が出ていないトーナメントでも、やはりこのトーナメントシリーズだけは、相も変わらず大注目!

ちなみに、今年もエリートのシリーズ戦を1戦消化後にクラシックという昨年同様の流れですね。

で、明日からの初戦は、アラバマ州 レイク・マーティン。
公式プラクティスの画像などを見る限りでは、かなり減水している様子がみてとれ、
オフショアでの釣りというのが鍵になるという予想ができますね。

今年の1発目も昨年の初戦レイク・チェロキーの様な、
オフショアでの魚探を見ながらのシューティングという釣りになるのでしょうかねぇ~??

まぁそれは2日目からあるであろうLIVE映像を見てしっかり確認することにしましょう!  深夜帯なので寝ちゃうかもだけど・・・(^_^;)

で開幕戦を前に、2018年の各選手のボートラッピング等もB.A.S.S.のHP上に上げられ取りますが、
色んな意味で色々見所満載です! やっぱりデーハー(派手)ですなぁ → BASS選手のボートラッピング 

っとそんなわけで、今年も勝手に1人で盛り上がって楽しんじゃうよ!っと思うヤマサキでした。


ちなみに私事ですが、本日、今年のJBステッカーをラッピングとは無縁な私のち~~っさいアルミボートに張りました。
凄いラッピングの見た後にする、暗い寒空の下、この作業・・・・・なんか悲しいッス(-_-;)

明日は、デクノボーさん決定(^_^;)
週頭の月曜の真夜中、トレドベンドのライブを見てる。

月曜から夜更かしとはこの事。

ただしやはり見応えは有。
でもって昨日に引き続き、本日もジョン・マーレイのクランキング炸裂中!

アンオフシャルですが、他を圧倒し最終日現在のところTOPウエイトを記録中。

映像で見る限り使っているクランクは「5XD」あたりかと・・・。
今現在はクランキングとワームやジャークベイト等のフォローベイトを織り交ぜながらの釣りの様ですがね。


しかし当たらずに失敗するとドツボですが、1日目のウィーラーといい、2日目のアシュリーといい
沖で炸裂するとかなりウエイトが伸びる様子です。

大荒れ荒波の中、その昔、西海岸の賞金王と言われたお方の戦い見応えありです。
現在は無の時間帯が続いていますが・・・・・


ってなわけで、明日もソコソコ早いのですが、夜更かししてしまっている話でした。
Bassmaster Elite Series  第4戦 全日程終了!!

アラバマ州 レイク・ウィーラ―にて行われた
Bassmaster Elite Series  第4戦の全日程が終了しました。

結果は・・・・・↓↓↓


1 Takahiro Omori  81- 6

2 Dave Lefebre  77- 3

3 John Crews Jr  66- 4

4 Steve Kennedy   64- 0

5 Bobby Lane Jr.  60- 7

6 Greg Hackney   59-12

7 Cliff Crochet  59-10

8 Luke Clausen  59- 9

9 James Elam   58- 9

10 Casey Ashley  58- 0

11 Gerald Swindle 56-12

12 Gary Klein  52-12

13 James Niggemeyer  50- 1


というわけでご覧の通り、第4戦を制したのは、大森さん!!

逆転優勝なるか?っと誰もが気になる最終日、4日間通しての最重量記録となる25ポンド3オンスを持ち込み他を圧倒。
そして、3日目終了時に開いていたトップとの差を詰めるどころかサラリとかわし、結果的に4ポンド余りの差をつけ、逆転優勝となりました!!

ちなみに、パターン的にも観る者を唸らせる、非常に見応えのある展開で、
あまりにも有名なディケーターフラットでのトップウォーター(たぶんスーパースプーク)とスイムベイト戦略。

なかでもトップウォーターパターンは圧巻で、コレに影響されて私も昨日湖上でソレっぽくやっちゃいましたからね・・・・・

でもって、今回の第4戦を終了し、AOYランキングも更新されたわけですが、首位はグレック・ハックニー、
そして大森さんがグググッと上がって2位に浮上。次戦が折り返し地点となるわけですが、今後のシリーズ戦が楽しみになりますね。
Bassmaster Elite Series  第4戦。
皆さん、どうもこんにちは!!
山﨑大です。

先週の第3戦から時を待たずして、
アラバマ州 レイク・ウィーラ―にて行われている
Bassmaster Elite Series  第4戦の2日目が終了。

結果は・・・・・↓↓↓

1 Dave Lefebre 39-15

2 Gary Klein 35- 8

3 Randy Howell 35- 2

4 Takahiro Omori 33-10

5 Casey Ashley 33- 7

6 John Crews Jr 32- 7

7 James Elam 32- 6

8 Bobby Lane Jr. 32- 6

9 Steve Kennedy 31-12

10 Josh Bertrand 31- 8

11 Greg Hackney 31- 2

12 Gerald Swindle 30-14


首位は、デイブ・ルフィーバー、そしてゲーリークライン、ランディー・ハウエルときて
2日目、短日1位の23ポンド3オンスを持ち込み猛チャージして異彩を放つ、大森さん。

明日から朝が早いのだが、ライブ見るのに夜更かししそうです・・・・・・・・
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.