AGAINST THE WIND
九州のバスフィッシング・トーナメントジャンキー「山﨑 大」(ヤマサキ ヒロシ)のブログです。
201305<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201307
昼過ぎから、久々の遠賀川へ

本日は、以降かどうしようか迷っていましたが、
何時もお世話になっているMさんより、ご一報いただきまして
昼過ぎより遠賀川に出撃

最初は雨が降っていたんですが、その後は、綺麗な夏空。
気付けば、もう1年の半分は終わり後半戦に突入したということを空で体感。

っというイキった話は、その辺にしまして、久々の川ということで
川の身体にすべく釣り込みつつ、ダムでやっていた色々なことを試してみました。

で、その中の一つは「巻きシャッド」
ダムとは違ったストラクチャーが多いので、どうかな~っと思っていたのですが、どうやらイケてそう。
小さいのしか釣りきれませんでしたが、このスピードには着いてこれるようです、川でも・・・。


でもってもう一つは、「バーニング HIROSHI」
川ではどうなのよ??っということなんですが・・・・・

こちらも小さいサイズが先行したのの、本日イチバンまともなサイズを水揚げ!!
川での使用頻度は、まだまだ少ないのですが、このカラーの効果は遠賀バスにも行き届いているかと思いますよ


っというわけで、練習っというよりか、テストテストな久々の遠賀川釣行でした!!

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

今日は、北山湖!!

本日は、朝から北山湖へ行ってきました

相変わらず、魚達の調子は良くないようで、魚からの反応はあまりなく、私的にはキビシ~い感じ。

先週も釣っているので、「厳しいだろうなぁ・・・」っというのは分かっていましたが
それにしても厳しく、それが分かってなかったら、どうなっていたことか・・・

まぁそんな中でも、BHのワッキー掛けダウンショットで、ちょいちょい釣れ・・・・・


あとは、「ベビシャのFC」の巻き巻きにて・・・
かなりの速い展開で釣っていける、巻きシャは、タフな時にはアリ。
これだけヤッていた方が、利口か??

でも傾斜のあるバンク際での釣りなら、前者の釣りですかね。


っというわけで、サイズの方は、伸び悩みましたが、数はすこ~し伸びた
だが相変わらず掴みどころのない感じの北山湖でした。

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

BOX

ハードルアーを入れるBOXとして使っていた、YFD(Yamada Fishing Design)のBOX。
結構気に入っていたんですが、中邑真輔さながらの私のボマイェが炸裂して上のような有様に・・・・・

さすがにロックするところが、壊れてしまって、どうにもならないので新調しました。



で、今回買ったのがコレ↑ 「バーサス」のBOX

BOXに関しては、いつも「少しの遊び心」があるものを選んでいますが、今回は性能重視のモノを。


収納スペースも十分で、使い勝手もかなり良いのですが、
自分らしくない気がするので、そのうち癖のあるヤツにかえるかなぁ・・・・・


テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

「バーニング HIROISHI」 の お薦めな使用法。

皆さんこんにちは!
山﨑 大です。

本日は、例のワーム アライブシャッド4” 「バーニング HIROISHI」のお薦めな使用法のご紹介です。

ここ最近の自分がオカッパリやボートでの釣りで、ず~っと使っているこのワーム

実はこのカラーを考える前から狙っていた使い方があり、
そして出来上がってきてからも、その使い方で釣果を重ねてきました。


アライブシャッド4”「バーニング HIROSHI」という色は、

ワームの上部(ダークウォーターメロン部)の光を遮断する面によって、光を操り、
赤が見えたり見えなかったりする、赤の発色のON/OFF利用して、魚をバイトに持ち込むっというところにあります。

その「バーニング HIROSHI」の特徴をどのような使い方で使えば、
よりその効果を効果的に使えるのか?っというところに出した、自分のファイナルアンサーがコチラ↓↓↓



上写真のアライブシャッド4”「バーニング HIROSHI」ダウンショットのワッキー掛け です。

ダウンショットであってもチョン掛けやオフセットスタイル、またはジグヘッドリグ等が、一般的なアライブの使い方で、自分もそのように認識おり、このバーニングヒロシもそれら使い方で遜色ない働きをするのですが、このカラーの特徴を踏まえると、一番お薦めしたいのは、ダウンショットのワッキー掛けなのです。



具体的にどのような形で、その効果を発揮するかといいますと・・・

まずキャスト後の着水してからのフォール時なんですが・・・・・
赤の発色 ON!!
着水してその後、ラインテンションを掛けない状態を保つことで
ワームより比重の高いシンカーに引っ張られて、フックををかけた背中の面を下にしてフォールしていきます。

この時に、アライブシャッドの平らな背中の面が水を押しながら、
プルプルと微振動しながらのフォールアクションが起こります。(これもなかなか艶かしく良いアクションです。)

ちなみにこの時は、光を受けて赤の発色オンの状態。


その後、着底した時やカーブフォールに切り替えた時、ラインを張った瞬間に・・・
赤の発色 OFF
「バーニング HIROSHI」が、フックの先のラインに引っ張られ、クルっと回り光を遮断する面が上になることで、
赤の発色がオンからオフに切り替わる「スイッチアクション」が生れるわけです。

またこれで攻撃の手を緩めることはなく、アライブシャッド特有のアクションレスポンスの良さも相まって、
その後にアクション加えた際は、これまた艶かしい半ロールしながらのスイッチアクションを連続で演出することも出来ます!!


っというわけで、使い方は、人それぞれ色々あるかとは思いますが、今回、私、山﨑 大がお薦めする使い方
アライブシャッド4”「バーニング HIROSHI」ダウンショットのワッキー掛け如何だったでしょうか??

私自身、この使い方でテストを重ね、実際に良い結果が出ていますので、
ご予約いただいた方、もうすでに、ご購入された方は、是非お試しいただき
この効果を実感いただければ、嬉しい限りです。


また、今月末に公開のGBI月報では「バーニング HIROSHI」についてのことを、お話させていただいております。そちらの方も観ていただけるとより「バーニング HIROSHI」のことについてご理解いただけるかと思いますので、気が向いたら観てやってください・・・。


最後に自分のタックルセッティングの説明を少々。

スピニングタックルは・・・

ロッド   Groover's Bend Custom 「BOOST STEALTH CALIPER」 
リ-ル   イグニス2500番
ライン   フロロ4ポンド
フック   マスバリタイプの デコイ ショットリグ#3
シンカ-  3/32(2.7g)か1/8oz(3.5g) ウォーターグレムリンは#5

ロッド   Groover's Bend Custom MO-SA 
リ-ル   PX68
ライン   フロロ8ポンド
フック   ノガレス ワイルドモスキート#1
シンカ-  3/32(2.7g)か1/8oz(3.5g) ウォーターグレムリンは#5



ラインを張った状態でフックが、このようになるようにセットすることと、
シンカーの重さを軽くし過ぎたり、重くし過ぎたりしないようにすることが大切です。※ワームの動きが損なわれる為

またフックの刺し所については、ワームの特性上、個体差がありますが、真ん中よりちょっと前で、
フォールした時に、ワームが小気味良く震えながら落ちるというのを確認しながらセットすることをお薦めします。

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

GBツアー第3戦

皆さんどうもこんにちは!
山﨑 大です。

昨日、日曜日は、GBツアーに参戦してきました

上写真を見ていただけるとお分かりかと思いますが、
最強タッグの水揚げに成功し、良い釣りができました!!

さすがに、左のマグナムサイズを水揚げした時は、
参加されていた方が、目の前にいたのにも拘らず、大人気なく吠えましたね (お恥ずかしい限りです・・・)


で、今回狙ったのは、シャローを回遊している魚。

基本時には、シャローを観ながら釣り流していき、
魚が観えた時と、魚が止まるであろう場所は、少し時間をかけて釣っていくというもの。

魚が見えた時のサイトでは、キャスタビリティー性の高いスモラバで狙い打ち。
他のブラインドでの釣りは、例のワームのダウンショットを使用しました。

約10年、北山湖では、毎年たくさんの大会に出てきましたが、
大会中にキロアップを2本釣れたことなんて、これまでも無かったし、これからもなかなか無いかと・・・・・

とにかく出来過ぎな会心の一戦でした


ちなみに使用タックルは・・・・・・・・・


サイト用 
ロッド   Groover's Bend Custom SMOOVE 「Ninja」
リ-ル   ツインパワーMg 2500番
ライン   フロロ 4ポンド
ルア-   自作スモラバ1/16oz+KMSサターン(グリパンブラックフレーク)


ブラインド用
ロッド   Groover's Bend Custom 「BOOST STEALTH CALIPER」 
リ-ル   イグニス2500番
ライン   4ポンド
ルア-   ダウンショット3/32oz+アライブシャッド4”「バーニング HIROSHI」



写真左の一番デカイのは、スモラバでしたが、
写真右のキロアップは、ダウンショットと例のワーム「バーニング HIROSHI」で釣りました。

一番デカイのは、スモラバっという相変わらず、少々イケていないぞヤマサキ・・・な感はありますが
「バーニング HIROSHI」良い仕事をしてくれました!


っというわけで、明日は「バーニング HIROSHI」のお薦めの使い方をご紹介いたします。

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

2013年 B.A.S.S Elite Series 第6戦 終了
ウィスコンシン州 ミシシッピ・リバー にておこなわれていた
2013年 B.A.S.S Elite Series 第6戦 「Diet Mountain Dew Mississippi River Rumble 」
が全日程を終了しました!!


結果は・・・・・・↓↓↓


1 Tommy Biffle 64- 2

2 Aaron Martens 61-11

3 John Crews 59- 4

4 Fred Roumbanis 56- 8

5 Brandon Card 56- 2

6 Todd Faircloth 55-15

7 Bobby Lane 55-13

8 Cliff Pirch 55-11

9 Takahiro Omori 55- 7

10 Randy Howell 53- 5

11 Edwin Evers 51- 8

12 Cliff Crochet 51- 4



っというわけで、優勝は、パターンを聞かなくてもパターンの分かる
筋金入りのフリッパー トミー・ビッフル !!

何をやったか?っという発表は、まだあっていませんが、たぶんフリップかと・・・・・いやフリップでしょ



※ちなみに、2日目まTOPだったパラニュークは、2日目競技中においての州のルール違反ということで失格になった模様です。



<追記>

ビッフルのパターンでキーになったのは、どうやら、フリップじゃないようです。ロングキャストしてるし・・・・

2010年に優勝した時も、「ビッフルがオフショアか!」っとビックリしましたが、今回もその様相。 
(近くにフリップできそうなアシは見えますが・・・)


ちなみに今回使ったのも、その優勝したときに使っていた
ビッフル・ハードヘッド・ジグビッフルバグのコンボのようです。

フットボールのオモリとハリが分離したような、ビッフル・ハードヘッド・ジグ
前回のときは、購入を遠慮しましたが、買ってみようかな・・・

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

2013年 B.A.S.S Elite Series 第6戦
2013年 B.A.S.S Elite Series 第6戦

ウィスコンシン州 ミシシッピ・リバー にて、
「 Diet Mountain Dew Mississippi River Rumble 」と銘打って、6/20~23の日程で行なわれています。

昨年も同時期に同じくして行なわれた同大会では、4日間の合計ウエイト62ポンド4オンスにて、
トッドフェアクロスが、グラスエリアでのフリッピング等のパターンで優勝。

同時期の開催なので、今年はどうなるのか?っと気になるところです。


で、そんな気になる第6戦 2日目までの結果は・・・・・・・↓↓↓


1 Brandon Palaniuk 37- 7

2 Aaron Martens 31- 7

3 Tommy Biffle 30- 0

4 John Crews 28- 8

5 Todd Faircloth 28- 4

6 Brandon Card 28- 2

7 Fred Roumbanis 27-10

8 Greg Vinson 27- 7

9 Ott DeFoe 27- 7

10Randy Howell 27- 6

11Takahiro Omori 26-12

12 Cliff Crochet 26-12

っというわけで、1、2日目のTOPウエイトを持込み、
頭一つ抜けて2日目までをリードしたのは、ブランドン・パラニューク。

パラニュークといえば、昨年ブル・ショールズレイクにて行なわれた第3戦で、
2位以下に10ポンド以上の大差を空けて優勝したことは記憶に新しいかと思いますが
今回、場所は違えどの現時点で2位以下に6ポンドの差。

コレはもしや・・・・・っと思わずにはいられないところです。

ちなみに見る限り、パラニュークのパターンは、ガンガン流れている中でのクランキングの様子。
本日最大ウエイトを記録したビッグスモールもソレで釣っているようですね

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

「バーニング HIROISHI」 本日より予約開始!!
バーニング HIROSHI 予約開始です!!

当ブログにて、再三ご紹介してきました
アライブシャッド4” 「バーニング HIROISHI」

本日より、 GROOBER’S BEND にて予約開始です!! (TEL 092-588-2915)

私、ヤマサキ ヒロシが、心を込めて考えたカラー「バーニング HIROSHI」
ご興味のある方の、ご注文お待ちしております!!

                                 山﨑 大




ちなみに、今回の「バーニング ヒロシ」
お話を頂いてから色々考え色々やってきました。

とりあえず、自分の中で、ベースカラーが、良い赤のアライブが欲しい!!」
っというのがあったので、ソレを形にすることに・・・・・

頭の中で考えるだけでは、なかなか良いモノは作れなかろうと・・・


形にする前には、色んなワームの赤を持ってきて、切り貼りし、
良い赤は、何処なのか!?っと目指すべきゴールを見定めたりなんかもしていました。



色々やった後に出来上がったのが↑コレで、光の透過、遮断、強さによって
良い具合に色調が変化する赤に仕上がり、実釣テストでのバスからの反応も良好。

使って頂いた方に、この効果を実感していただけたなら嬉しい限りであります。


テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

雨ニモ負ケズ
皆さんどうもこんにちは!

本日は雨でしたが、常時、車に積み込んであるカッパを着込んで
夕暮れオカッパリ調査

もちろん今日も例のワーム「バーニング HIROISHI」を装備しての出撃!! 

小規模な野池だったので、降り続いた雨の影響でググッと増水。
なので、池のバンク際には、草がカバーを形成。

コレに付かずに、何処に付くっということで、
ベイトフィネススタイルのBHのダウンショットでソレを撃っていくと・・・・・

バシッっと水揚げ!!

バス達がサスペンドするような、カバー際では、やはり効果を発揮しやすいですね。

カバーの奥に入っている状況であれば、他のリグ、他のワームを選びますが
カバー際に関していえば、BHのダウンショットも良いかと・・・

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

今週末も北山湖でした。
皆さん、こんにちは!!
ヤマサキです。

先週に引き続き、今週末も北山湖にて山篭りでした


土曜日は、練習。
そして日曜日は、チャプター北山湖 第3戦に参戦してきました。

とりあえず、土曜日・・・・・・・・

先週は、基本例のワームのテストだったので練習っといった感じではなかったのですが、テストの間にやっていた「巻きシャッド」が、かなり好調だったので、コレでイケるのではないか?っという淡い期待があったのですが、一気に進んだ減水の影響をモロに受け沈黙・・・っというか食わせ所が干上がっていました

まぁそれは、貯水情報をみていたので、分かっちゃあいたんですが、
もう1週ぐらい遊びたかったので少し残念・・・

しかし、そんなことは、この時期良くあることなので、気持ちを切り替えまして
要は先週とは違った北山湖を一から釣って回ったわけです。

お試しのネタなんかも仕込んできたので、そちらも試しつつ、色々と試行錯誤。
そうすると、釣れる所、釣れる魚は、少ないながら、なかなかのストロングな釣りを発見。

他にすることもないので、明日はソレで・・・・・


っということで、本日、日曜日は、チャプター北山湖

朝イチから2つあるうちの1つをやると、開始早々なかなかのサイズを水揚げ!!
「これは、キテる!!」っと思い、即もう一つのパターンに切り替えたのが運の尽き

攻め過ぎが仇となり、終盤まで2本しか持っておらず、ドタバタな展開で精彩を欠きました。
正直、もう少し数が出るかと思っていましたが、ナメてました・・・北山湖恐るべしです。




で、そのチャプター終了後。
一度、車に戻りまして、例のワーム アライブシャッド4インチ「バーニング HIROISHI」を装備し再出撃

先週よりタフな状況下でしたが、思いの使用法でのバイトも得ることができました。



光を味方に付け、バイトを誘発させるこのカラー

その効果をより効果的に使っていただく為のお勧めの使用法もありますので、
ソレもそのうちご紹介したいと思います。

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

バーニングHIROSHI  その2
バーニングHIROSHI
もう1歩踏み込んだ色覚変化っという、今回のこのカラーの肝となるところに触れる前に
まず赤い色のことについて少し・・・・。

自分だけではないと思いますが、光の下で生活しているのであればっというと、
なかなかのインパクトのある色っという認識があるかとは思います。

ですが、所変わって光の届きにくい海底で生活している魚、えび、かに等々赤系の色をしているものが多いわけですが、コレは、外敵やエサに自分をアピールするために赤いのでなくて、逆にそれらに気づかれ難く、目立たなくするための色であり、要するに光の届きにくい状況下では、見えにくいっというのが赤という色なわけです。

002_20130604201502.jpg

で今回、その「光の届きにくい状況下では、見えにくい」っという赤色の特徴を活かし、
考えたカラーが、今回の「バーニングHIROSHI」。 

そして、その「バーニング HIROSHI」 の最大の特徴っというのが、

光が届きにくくなる一線を越えた時に起こる、今まで赤色に見えていたところが、見えにくくなるタイミング
要は、赤の発色のONからOFFへの変化を利用して、魚をバイトに持ち込むっというところにあります。


で、具体的にその効果を発揮するタイミングは、大きくわけて2つ。


1つは、フォーリング時。

上でもいったように、「光の届きにくい状況下では、見えにくい」っと行った所を踏まえまして、
光が届きにくくなる一線(水深の深さであったり、各カバーの陰など)に掛かったときに
赤の発色がオンからオフに変わるのを利用してバイトを誘発させるっというのか一つ。

でもって、もう1つは、ロールアクションを起こした際に、TOPの光を遮断する面(ダークウォーターメロン部)により、
光が遮られるタイミングを利用しての赤の発色のオンオフを利用し、バイトを誘発させるっというものであります。


オンオフをシェイクで・・・
上記の効果の片方をだけを使っても、もちろん良いです。、

ですが、このフォールとロールの2つの効果の合わせ技で使用することで、
今回のアライブシャッド4”「バーニングHIROSHI」の力を最大限に発揮できるわけであります。


テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

「バーニング HIROSHI」


本日も「Burning Hiroshi」とベイトフィネスタックル片手に、
オカッパリに行きまして、なかなかサイズを水揚げ。

バンク際のライトカバーを撃ってキャッチ。
上目線の魚を上手く魅了できてそうです


で、本日は・・・・・


いよいよ発売も近くなってきましたので、「バーニング HIROSHI」のことについて、
ボチボチ書いていこうと思います。


まずは、「バーニング HIROSHI」のカラーの詳細。

今回のこの色の核となるボディベースカラーは、レッドスモールレッドフレーク
そしてセンターカラーは、イエローネオン
TOPに光を遮断する、ダークウォーターメロン

っという3色で構成されております。


順光での全体像は・・・

このような感じ。

赤の濃さが一番上の写真と違って見えますが、明るい所だとこのような感じ。
逆に暗い所だと一番上のような感じです。


また逆光下では、ボディのベースカラーが、ムラサキがかって見えます。

ご覧のように、光の透過によっての色覚変化は、ROBOのアライブシャッドの得意とするところですが
今回の「バーニング HIROSHI」は、もう一歩踏み込んだ所の色覚変化を睨んでのカラーチョイスになっています。


明日に続く・・・



<訂正とお詫び>
数日前、「バーニング HIROSHI」の発売日が、6月20日っということお知らせしたのですが
6月20日は、木曜日で、「GROOVER’S BEND」は、定休日でした。

そして、「発売」っとなっていましたが、コレも「予約開始」の間違いでした。
ダブルの間違いで、本当に申し訳ありません。


正確には、
6月21日(金曜日)、「GROOVER’S BEND」にて、予約開始
っとなっておりますので、よろしくお願いいたします。

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

It’s good!!
昨日は、日曜日の雨の中での釣行からの肩こりからくる?頭痛のため
夕暮れオカッパリ調査はなしでしたが、本日は薬を服用しまして、

夕暮れオカッパリ調査っというか、例のワームのテストにいってきました

このような感じで、油断して踏み込むと池の中へです・・・
最近、自分の近辺の野池は減水中
それに伴い、足場となる場所はコケでよく滑るため、湖岸には近づけない状況の所もチラホラ。

そうなってきたり、足場が高い所でも使うことを想定して
本日は、俗にいうベイトフィネスタックルでやってみました。

操作感は、やや劣りますが、食わせてからバスに寄って行くのではなく、寄せることが多いオカッパリでのベイトフィネスタックルの有効性は、やはりアリだと思いますので、そちらの方の具合はどうか?とやってると・・・

バーニング Hiroshi にきた グッドサイズ!!!
バーニングHIROSHI で、 デカイのがキター!!!

見えてる小さいのにプイっとされたりしましたが、ブラインドでキタのは、このBIGサイズでした

この「バーニング HIROSHI」決して万能なカラーではありませんが、
時としてキラリと光を放ち消えます。光を利用し色を操るイメージです。(色の話は追々・・・)

今日の感じから行って、やはり推奨はスピニングですが、ベイトも悪くなさそう・・・
もうしばらくベイトフィネスタックルで、やってみるとします。


ちなみに、今回の「バーニング HIROSHI」
色は、自分が考えさせていただきましたが、命名は、桑野氏。

「そうできることじゃないから名前でも入れときな」っと乗せられて、
「ですね!」っとこたえたものの、今更ながら、こっぱずかしいっすね・・・


<余談編>
バーニングボム、バーニングハンマーっという必殺技を持つ、自分が好きなプロレスラーの1人小橋さんが今年引退。
その年に、この「バーニング HIROSHI」発売。これは偶然なのか・・・(偶然です。)

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

ワームのテストと巻きシャな1日。

みなさんこんにちは!!
本日も予定通り北山湖での釣り。

昨晩は、日付が変わるまでGBにいましたので、眠い目をこすりながらのスタート

でもって本日は、昨日とは違い雨でローライトなコンディションでのテストでした。

晴れのつもりでやることがあったのですが、それは出来ず仕舞い
しかし、ローライトなコンディション下でも、上写真のワームで釣ってみたかったので
ちょうどイイっちゃあ、ちょうど良かったわけであります・・・。

テスト結果的には、、ボチボチっといった所。
ローライトな中でも、良い仕事をしてくれるんじゃあないかと思います。


正直、「すごく良い!」っと言いたいところなんですが、
今日はソレを越えるモノがありまして・・・・・



ソレっていうのが、先日の大分遠征時に学び、前回の北山湖釣行時にちょいと良い思いをした「巻きシャッド」
ベビーシャッド FC 60 を使ってヤットルのですが・・・


本日は、何かを掴んだ気がしますよ・・・
客観的に見るために自分用の動画を撮ってみましたが、今までとは違った魚釣りしています。


最近色々やってみていますが、やはり釣りに終わりなし。
やればやるほど、新しい事や物が生れてきよります。

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

北山湖にて・・・・・
本日、土曜日は、「バーニング HIROSHI」での実釣テストのために北山湖へ。

このカラーの効くタイミング的には、少し早いかと思っておりましたが、なかなか良い具合。
(写真は撮り忘れましたが・・・

オカッパリでも機能した使い方が、北山湖でも生かすことが出きるということを、確認することが出来ました。

本日は、北山湖に泊まりこみまして、明日もまたテスト、テストです。



で、本日、日暮れまで釣った後、GBまで下りまして、打ち合わせをした所
「バーニング HIROSHI」

「GROOVER’S BEND」にて6月21日に予約開始!!とのことです。

興味のある方は、どうぞよろしくお願いいたします。


それと、このカラーについてのことは、追々、当ブログにてお知らせしていきたいと思っております。





ちなみに上と下の2枚の写真の魚は、テスト間の息抜きにてビルノーマン「DBN」にきたバス。
今の北山湖は、クランクもハマれば良い釣りができます!!

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

バーニング HIROSHI のカラー公開!!

皆さん、こんばんは!!
ヤマサキ ヒロシです。

今日は、先日お知らせしました、GBカスタムカラー2013 の1つとして、
今月末?よりGROOVER’S BENDよりリリースされる

4”アライブシャッド 「バーニング HIROSHI」のカラーの公開です!! 

数日前GBブログ「GBI月報」にて、すでに公開されてますので、
「見たよ!」っという方もおられるかと思いますが、上写真のモノがソレであります!!

昨年11月カマちゃんと自分、そして桑野氏、共にBで飯を食っている時に、
GB桑野氏より、「シグネイチャーカラー創ってみるか??」っというお話を頂きまして
それからどんなカラーが良いのか?っと試行錯誤した結果が、

この「バーニング HIROSHI」です!!  
バーニング HIROSHI で・・・!!

皆さんどうも今晩は!!

本日も夕方にオカッパリに行ってきました

今年に入ってからというもの、ハードルアーオンリーでの、オカッパリしかしていませんでしたが、
「バーニング HIROSHI」がキタので、ワームの釣り始めました!! 

とりあえず、思いの使い方をした時のワームの感じなどのチェック。
更にその時の魚の反応のチェック等などしていると・・・・・

幸先良く、なかなかのサイズがお目見え

良い感じなのか・・・

このカラーの色々な狙いなどはありますが、
しばらくは、使い倒して「バーニング HIROSHI」の具合をバスに聞いてみる事にします。

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

ついに、キタ!!

皆さんこんにちは!!ヤマサキ ヒロシです。

先日、「GBI」の総帥より、ついに例のブツのサンプルを頂きました!!


その例のブツというのは・・・・・・

アライブシャッド4インチ 「Burning Hiroshi」  

こんな私の考えたカラーを形にして頂けるとは、ありがたい限りであります。


そのうち、どのような感じか、お知らせしますね

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

土日は、遠賀川
皆さんどうもこんにちは!

今週末の土日は、予定通り遠賀川に出撃でした


土曜日は、練習で
日曜日は、JB九州シリーズの第2戦に参戦。


初戦は、良い具合に事が進まなかったので、今度こそは!と、
ここの所、毎週遠賀川に出撃してましたが、先週先々週とあまり良い結果がでずに、厳しい感じ。

今週中に雨が降ったので、それで少しはリフレッシュされているかと思いきや、
自分にはそんなに甘くはないことを土曜日は思い知らされた感じに・・・

そして雨は、土曜の練習時からも降り続きまして、結構な量の雨が降って日曜日の遠賀川はなかなかの流れ。
コレは追い風か!?っと思いきや、自分はその流れを活かす事ができず、今回の第2戦も残念な感じに・・・


ただやはりこの流れを味方に付けた人、前から良く釣れていた人もいたようで、
全体的には、釣れた日だったようです。


いやはや自分は、まだまだ、まだあまい。

しかし、まだまだ先は長いので、一つ一つ練習を積み重ねていくことが大事かと思われますので
これからも絶えず、練習を続けていきたいと思う次第です。

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.