AGAINST THE WIND
九州のバスフィッシング・トーナメントジャンキー「山﨑 大」(ヤマサキ ヒロシ)のブログです。
201805<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201807
スピニングでの巻き!!

皆さん、どうもこんにちは!!
山﨑大です。

また何時もの様に、イキナリでなんですが・・・・・

先日のトーナメントでも使用しましたが、自分はタイニークランク全般をスピニングタックルにて巻いております。
秋から春先での遠賀川での釣りにおいて、我が船に乗らないことは、ほぼ無いといっていいタックルです。

ロッドの方は、気付けば10年近く同じロッドを使っており、GB総帥に作ってもらったモノでして、
バットまではチューブラーで、その先がオールソリッドとなっている、
GBロッドではお馴染みのソリッドリンク仕様タイニークランク用の特注ロッドです。

テーパーはレギュラーテーパーで、一般的なパワーとしてはL~ULといったところ、
触って曲げてみるとパワー不足を感じる方もいるようですが、もう何本とそれなりのウエイトのバスは揚げてきているので、そこは問題なし!!

ラウールやDTN等のタイニークランクから、小型のシャッド等の軽いウエイトのルアーの重みを
しっかりロッドに載せてキャストすることが可能なロッドです。

また遠賀川の複雑な地形、フラットに点在する岩、木、ブレイクエッジの盛り上がり、その他ハンプ上の地形等を
ワームの釣りさながら、それらを舐めるように巻いてくるのにも、長年重宝しています。

更にいうと基本ドラグ設定強めなワタクシのようなタイプでも、ある程度の抵抗に対しては、
しなやかに曲がって耐えてくれるところも、このロッドの持ち味の1つです!!

ちなみにそれが伝わり易い例となる動画も一応あるので、それはソチラをどうぞ→ タイニークランク実釣動画 24:00ぐらいからです。

ってな感じで、「なんだか宣伝っぽいよ!」っと思われるかもしれませんが、
そうではない!何故ならこのロッドは、販売モデルではないっスからね(笑)

そこを意味なく敢えて言う!
それこそワタクシの真骨頂です。(裏を返せばダメダメなところでもある)

ん~ってなわけで、例に漏れず今回も、なんのこっちゃいなお話でした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.